おいしいお米を食べたい

独自製法による栽培

SZM株式会社では独自開発した製法により、安全でおいしいお米を栽培しています。
種まき・間引き・定植
よく実った重い種もみを選んで、苗床に植えます。育った苗を植える田んぼを準備します。田んぼに水を入れ、トラクターで水と土を混ぜながら、田んぼを平らにします。 苗が育ち葉が5枚ぐらい出て、気温が13℃を超えると、田んぼの水があたたかくなってきますので、苗を田んぼに植えます。
管理
株が育ってくると、茎の根本から新しい茎が生えてきます。これを分けつと言いますが、稲は、この茎が20本ぐらいになるまで、分けつを繰り返します。稲が育っている間に田んぼの雑草も育っているので、雑草をこまめに抜きます。そうしないと、雑草に養分をとられてしまい、稲の育ちが悪くなります。
収穫
いなほが固くなってきたら、もう水は必要がないので、田んぼの水を抜きます。いなほが黄色くなったら収穫のサインです。刈り取った稲はしばらく乾かします。稲がかわいたら、モミの部分だけをいなほから取り外します。この作業を脱穀と言います。刈り入れたモミからモミガラをはずして中身だけを取り出します。これを玄米と言います。
おいしいお米は農家さんの努力によって作られています。
お米を作るには多くの手間がかかっています。
作り方を知る
会社情報
SZM株式会社は”すずめかわいい”をモットーにおいしいお米を追い求める架空企業です。社員数は3人で日々おいしいお米の研究を行っています。我々はお米のスペシャリストです。今日も農家さんに感謝しながら「いただきます」
お問い合わせ
架空企業のウェブサイトですので、お問い合わせは一切受け付けておりません。
0120-XXX-XXX
茨城県ひたちなか市
hogehoge@example.com